MENU

自分なんていらないと感じてしまう4つの原因とは【親の影響1番強いです】

下記悩みを抱えているあなたにおすすめの記事です

  • 自分なんていらない存在だと自己否定しているあなた
  • 自分なんていらない存在思考から抜け出したいあなた
  • 自分なんていらなという思考から自分は必要という考え方に変えたいあなた

自分なんていらない存在だ!

ボク自身も自分の存在ってなんだろう?と悩み続けてきました。


仕事でも他者と比較してしまい

ちだっち

自分なんて全然ダメだ!

と自己否定しまくりうつ病になりましたから。


あなたのいま現状の気持はボクも経験しました。

1人だとどうしていけばいいのか不安で辛い状態ですよね?


なので今回は、

自分なんていらない思考になる4つの理由と3つの対処方法を解説します。


あなたが最後まで記事を読むと得られる未来

  • 自分なんていらない思考から抜け出すことが出来る!
  • 自分なんていらないと感じてしまう前に対処ができるようになる!
  • 自分なんていらないと感じたないための方法を知ることが出来る!

では本題に入りますね!

目次

自分なんていらない存在だと感じてしまう4つの理由

ちだっち

自分なんていらない存在だと感じてしまうのは、
4つの理由があるよ!


自分なんていらないと感じてしまう4つの理由

  1. 仕事で失敗してしまったとき
  2. 相手と比較したとき
  3. 他人の評価を気にしてしまうとき
  4. 親から認められてもらえなかったとき

自分なんていらないと感じる理由1 仕事で失敗してしまったとき

ちだっち

仕事で失敗をしてしまった時、
自分なんていらないと感じてしまいがちだよ!

1つめの自分なんていらないと感じてしまう理由は仕事でミスをしたときです


「人間は誰でもミスするよね!」


と自分に起きた現実や自分自身を受け入れることが出来ない人が、

「自分なんてどうせいらない存在だ・・・。」

と感じやすいです。


僕もそうでした。


僕は経理系の仕事をしていたのですが、

数字の計算ミスばかり。


ボクは自分自身に✗を与え続けた結果、

「自分なんて職場にいらない存在だ」

と思っちゃってうつ病になりました。

社内ニートを経てうつ病発症!あなたに残された2つの選択肢【実は人生の転機です】


なので仕事に対して「絶対に間違ってはダメだ!」という正義感が強いひとほど、

仕事の些細なミスでも自分自身を追い詰めます。

ちだっち

自分なんていらない存在だ!


となりやすいです。

自分なんていらないと感じる理由2 相手と比較した時

ちだっち

相手と比較して自分のだめな所を探しまくり、
自分なんてと落ち込みがちなので要注意だよ!

2つめの自分なんてと落ち込んでしまう理由は、

相手と自分を比較したときです。


僕は事務系の仕事をしているのですが、

同じフロアに同期が2人いました。


2人とも女性の同期です。

今となっては全くない感情ですが

ちだっち

女性の同期よりボクは遅れているやばいぞやばいぞ!

と変な対応意識がありました。


そして同期の2人の女性と比較して

ちだっち

自分なんてダメダメ人間だ・・・

と追い込んでうつ病になりましたた。


女性の同期に負けたくない!

恥ずかしい!


という変なプライドが高かったボクは、

自分おやるべきことを見失っていましたね。


他人と比較して「自分なんてダメだ!

と考えると自分なんていらないと感じちゃうので要注意です。

自分なんていらないと感じる理由3 他人の評価を気にしてしまう時

ちだっち

他人の評価を気にしすぎてしまって、
自分なんてと落ち込見やすいので要注意!

つめの自分なんていらない存在だと感じてしまう理由が、

他人の評価を気にしてしまうことです。


特に会社員の場合は上司の評価を気にしすぎてしまう傾向があります。

上司の評価を得られないと給与やボーナスに多大な影響を与えちゃいますからね。


なので顧客ファーストじゃなく上司ファーストになり、

上司の顔色と評価を気にしすぎてしまいます。


結果として上司にたくさん尽くしたのに評価されず、

自分なんていらない存在なんだ

と感じてしまうことがあります。

自分なんていらないと感じる理由4 親から認められなかった時

ちだっち

最後にお世から認められない時に自分なんてと感じてしまうよ!

最後親から認められない時に、

自分なんていらない存在と感じます。


というのも親ってあなたにとって1番の理解者の場合がほとんど。

会社の上司よりも親のほうがあなたの内面や性格などを十分に理解しているはず!


その親からあなたのことを理解されないとなると、

良き理解者がいない状態になります。


つまりあなたにとって1板野理解者から理解されることがなくなると、

自分なんていらない存在だ!」と強く感じるようになります。

自分なんていらない存在だと感じたいための3STEP

ちだっち

自分なんていらない存在だとかんじないための、
3STEPを紹介するからぜひあなたも実践してみよう!

自分なんていらない存在だと感じないための3STEP

  1. ありのままの自分を受け入れる
  2. 相手と比較せずに自分を大事にする
  3. 課題の分離をして深く気にしすぎない

STEP1ありのままの自分を受け入れる

ちだっち

まずはありのままの自分を受け入れる事から始めよう!

STEP1ありのままの自分を受けいれることです。


というのも「自分なんていらない存在だ!

という思考になる時点で自分自身のダメなところや、

出来ないことに✗をつけているんですよね。


アドラー心理学の嫌われる勇気でも解説されてますが、

まずは自分のことを受けいれる「自己受容」の状態になることが大事です。


とはいえ「そんな事出来ていたら苦労しないよ

とあなたは感じたかも知れません。


そんなあなたはカウンセリングを受けることをオススメします。


カウンセリングを受けることで自分自身の全てを、

受けいれることが出来るコツややり方を教えてもらえます。


ボクもやっているので下記リンク先で確認してみてね。

STEP2相手と比較せずに自分を大事にする

ちだっち

相手と比較せずに自分を大事にしよう!

STEP2相手と比較せずに自分を大事にすることです


結局他人と自分を比較してしまい、

自分のだめな部分を探してしまうから心が病んでしまいます。


自分自身を全て受けいれられる「自己受容」ができると、

相手と自分を比較することもなくなります。


なぜならば「自己受容」が出来ている状態だと、

全ての出来事に○✗やいい悪いという考え方が生まれなくなるから。


なのでSTEP1でとことん自分の全てをありのままに受けいれる自己受容をして、

他人と自分を比較せず自分を大事にすることで、

自分なんていらない思考がなくなります。

STEP3課題の分離をして深く気にしすぎない

ちだっち

最後は課題の分離をして深く気にしすぎないようにすることだよ!

最後のSTEP課題の分離をして深く気にしすぎないことです。

課題の分離とは相手の課題と自分の課題を切りわけて考えること

課題の分離はアドラー心理学の嫌われる勇気でも書かれている名言です。

結局相手の課題は自分がいくら頑張っても変えることが出来ません。


課題の例

  • 上司が自分のことを嫌っている
  • 上司が不機嫌で声をかけられる雰囲気ではない
  • 上司に声をかけたら怒鳴り散らされた

上記の内容は上司の課題であってあなたの課題ではありません。


なのであえて上司に好かれようとか考えなくてOK!


あくまでも仕事の場合は伝えなきゃダメなことがあるので、

相手の今の課題を推測してあなたが色々考える必要はないのです。


なので上司は今日不機嫌そうだな。ぐらいに考えておく。


という感じで課題の分離をすると自分なんてと、

全て自分のせいにして生きることがなくなるので心が楽になります。

まとめ 自分なんていらない思考から自分を受け入れる思考になろう!

ちだっち

最後にまとめるよ!

自分なんていらない存在だと感じる4つの理由と3つの改善方法のSTEPを解説しました。

自分なんていらないと感じてしまう4つの理由

  1. 仕事で失敗してしまったとき
  2. 相手と比較したとき
  3. 他人の評価を気にしてしまうとき
  4. 親から認められてもらえなかったとき

自分なんていらない存在だと感じないための3STEP

  1. ありのままの自分を受け入れる
  2. 相手と比較せずに自分を大事にする
  3. 課題の分離をして深く気にしすぎない

でした!


自分なんてと思ってしまうのは自分の全てを受けいれられる

自己受容」ができていないから。


これにつきます。


偉そうに語っている僕も自己否定人間なので、

あなたの「自分なんて・・・」という気持ちはぼくにもわかります。


でもですね。

世界に70億人の人がいるわけで1人1人比較なんて出来ないわけです。


だって1人1人が性格・考え・生まれた観葉が違うのだから。


だからこそあなたも人と比較して自分なんていらない存在だと、

考えなくていいんです。


今のあなたが一番あなたらしくて素晴らしい存在なのだから。

ということで本日は以上です。

またね♪魂コネクトちだっちより

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる